リドカインとプロピトカインの効果

エムラクリームはアミド型局所麻酔薬と呼ばれる医薬品です。
エムラクリームにはリドカインとプロピトカインと呼ばれる2つの有効成分が含まれているのが特徴です。

脳からの信号の内、痛みの信号を阻止する事が出来る効果を持ちます。
塗布することでリドカインとプロピトカインの有効成分により、1時間ほどの時間経過の後に患部を無感覚にしてくれるのです。

リドカインとは、男性の射精を遅らせる効果、脱毛の施術を行う時の痛みの軽減効果などを持つもので、エムラクリームはこれらの効果にも期待が出来ると言う事なのです。

プロピトカインはエステル型の局所麻酔薬の一つであり、麻薬の一種でもあるコカインの 代用薬として存在している成分です。
尚、この有効成分の毒性はコカインと比較をすると弱いと言われているのです。

エムラクリームの主成分でもある、リドカインとプロピトカインは塗布した場所を感じさせなくする効果を持つもので、局所麻酔作用が特徴です。
局所麻酔作用を持つ医薬品は他にもあるのですが、他の医薬品と比較をすると毒性が弱い事から薬効を持つ事からももエムラクリームを利用する人が多いのだと言います。

早漏で悩む男性が多いと言われており、早漏の対策としてエムラクリームを利用する人も多いと言います。
また、エムラクリームに含まれているリドカインと呼ばれる成分が、早漏防止スプレーと言う医薬品にも含まれており、リドカインが射精をコントロールしてくれると言う事なのです。

尚、脱毛の施術を行う時の痛みの軽減効果と言うのは、レーザーの光を照射させることで脱毛を可能にすると同時に、輪ゴムで弾かれたような痛みが生じますが、デリケートゾーンなどの脱毛を行う時など、エムラクリームを利用する事で脱毛での痛みを軽減してくれるのです。

エムラクリームの第III相臨床試験データ

医薬品と言うのは、販売が開始されるまでの間は何度も臨床試験を行うなどして薬の有効性や安全性を確認し販売が行われることになると言います。
また、新薬の開発というものは、長い期間がかかるだけではなく、膨大な費用が必要になることからも薬の値段と言う物は高額になるわけです。

所で、医薬品の一つに麻酔薬が在りますが、麻酔薬と言うのは、手術を行う時などに利用する医薬品であり、痛みを軽減させたり、痛みを感じさせなくするために利用するもので、一般の人が利用すると言うケースは少ないものです。

エムラクリームは麻酔薬の一つであり、アミド型局所麻酔薬と呼ばれるもので、塗布する事でⅠ時間ほどの時間で患部が無感覚になるのです。

エムラクリームは、脱毛を行う時などに利用される人が多い医薬品なのですが、早漏などにも効果が有ることからもエムラクリームを利用する人も居ると言います。
また、エムラクリームには有効成分でもあるリドカインが含まれており、リドカインが男性の射精を遅らせる効果を持つことからも、リドカインが含まれている早漏防止用のスプレーも存在しているのです。

尚、エムラクリームは第III相臨床試験データの中で、エムラクリームの有効成分などの薬剤における、レーザー治療時の疼痛緩和に対する有効性と安全性が検証されており、安全に利用する事が出来る医薬品であることが確立されていると言います。

また、第III相臨床試験データは第II相臨床試験で設定が行われた、用法・用量の検証試験の実施における検証結果であり、第III相臨床試験を実施するにあたり、医薬品医療機器総合機構との対面相談を行って、得られた助言に基づいて、第III相臨床試験の実施を行っているのです。